アロマキャンドルが真ん中だけ減る理由と最後までキレイに使いきる方法

ライフスタイル
この記事は約8分で読めます。

アロマキャンドルはともしているだけで、香りとほのおのゆらぎに癒されます。ですが使ってるうちに、中心だけ減ってまわりにロウが固まった状態になることも。
購入したり、もらったアロマキャンドルは最後までキレイに使い切りたい!!

・キャンドルの真ん中だけなくなるドーナツ化の原因と防ぎ方のコツ
・凹んだキャンドルが平にフラットになるまでかかる時間、お手入れ方法
を紹介しますね。アロマ歴18年元アロマテラピーインストラクターのヒロです。

アロマキャンドルでハッピーライフが過ごせますように。


スポンサーリンク


アロマキャンドルが真ん中部分だけ減ってドーナツになる理由と防ぎ方

真ん中が凹んだアロマキャンドル

アロマキャンドルを使っていると、真ん中だけ燃焼してしまう。周りのロウが溶け乗ってドーナツ状態になることがありませんか?最後までキレイに使いたいのに!!

キャンドルにどれくらい火をつけていますか?
もしかして、すぐに消してしまってはいませんか?

中心部分だけキャンドルが減る原因は
短時間で繰り返しキャンドルを使った場合に起こるんです。

短い時間で何度も使うと周りのロウまで溶けきれずに残った状態。
使用しているうちに、どんどん周りのロウだけ置いてきぼりになっていくことに…….。

解決法は
2時間ほどアロマキャンドル燃焼させること。

中心部分から周りにあるロウも熱でゆっくりと溶けだし、消したときも表面がフラットな状態になっていきました。

でも問題が!!

キャンドルが周りまで全部燃えるのは時間がかかる。

つまり

火を使うときはキャンドルから2時間離れられないこと。

ええー!!そんなにゆっくりしてならない!!
どうしようっと考えたところ…..最終的に

アロマキャンドルを使う時のちょいワザ

時間あるときに、ゆっくりアロマキャンドルを使う。
 キャンドルナイトみたく電気がわりに使って静かな空間で会話と香りを楽しむ

・香りだけ少し楽しむときは短時間にする。

 

アロマキャンドルの点灯時間を使いわけすると、ロウもイイ感じに溶けていきます。
お試しくださいね。

アロマキャンドルのくぼみを復活させるために 2時間かけた実験レポート!

いつもは10分ほどしか使わないアロマキャンドル。ほんのりドーナツ状になっています。ほんとに平らになるか実験!

キャンドルの表面がフラットにかかる時間は2時間でした。

使ったのは、クリンタのマッサージキャンドル。
90mlの小さいサイズで、約18時間燃焼できるものです。
ふだんは10分だけつけて、溶けたロウでハンドマッサージしてますよ。
>>>マッサージもできるアロマキャンドル!クリンタでご褒美ハンドケア

①はじめは浅めのドーナツ状

真ん中が凹んだアロマキャンドル

②火を付けます

アロマキャンドルに火をともす

③5分経過

5分経過したアロマキャンドル
うっすらと中央部分がとけはじめました。

④30分経過です

30分経過したアロマキャンドル
中心からだんだん液体状になってきてます

⑤1時間経過

1時間経過したアロマキャンドル

ドーナツですね。1時間では周りまで溶けないこと発見!!

⑥2時間経過

2時間経過したアロマキャンドル

夕食の支度があるので、2時間をマックスにしました。
外側部分のロウがイイ感じにやわらかく変化してるのがわかります。

このままでは、ドーナツ解消されません…..泣。

キャンドルの火をけして

火を消したあとのアロマキャンドル

最後まで薄く残ってしまった外側部分のロウを中にいれこみました。
バターナイフ使用(自己責任です^^)。

固まるまでそのまま放置。

(夕ご飯の準備にかかりました)

放置1時間後のアロマキャンドル

火を消して1時間後のアロマキャンドル

ちょっとアラはありますが、許容範囲にします。^^
ガラスやふちに残ったロウがあまりに汚いから

使用後冷めてからキレイになったアロマキャンドル

ウェットティッシュでふきとりました。
残っているロウは少しだからすぐにとれます。

1時間後もキャンドルはほんのーり温かいから、拭きとりやすいんです。
はじめに比べるとキレイになったのがわかります!!

結果
アロマキャンドルをキレイに使うには時間が必要

ずっと炎をみていると、揺らめく明かりとアロマの香りにリラックスでき、穏やかな時間をすごせました。心がふんわり和らぐ感覚です。

アロマキャンドルはバスタイムの明かりにも使ったりしてます。
>>>目指せ石田ゆり子♪アロマキャンドルのおススメとバスタイムの過ごし方

モノを丁寧に大事に扱うことで、時間がかかりますが、
好きだったキャンドルがもっと大好きになりました。

アロマキャンドルの凹み部分が、かなりひどくなった場合の対処方法

多少のキャンドルの凹みは上の方法で改善してドーナツ化が防げますが、次の場合は難しいんです…….。

キャンドルの中心部分が少しのくぼみではおさまらないパターン

・気分転換にちょっとだけ香りを楽しみたい!

・コーヒーや紅茶飲むときにだけつかいたい!
・すでにかなり真ん中が凹んでしまってる!!

ワタシ自身も短時間利用者。
アロマキャンドルには溶けたロウでマッサージできるものがあります。
10分ほどしか火をつけないので、どーしても短時間利用になるんです。泣。
>>>マッサージもできるアロマキャンドル!クリンタでご褒美ハンドケア

真ん中にくぼみあります。(まだ浅めのドーナツ^^)
毎日は使ってないからかな?このままいくとキャンドルクレーターになる可能性大!

真ん中が凹んだアロマキャンドル

キャンドルのクレーターがひどくなってしまった場合は
溶かすこと!!

アロマキャンドルの容器ごと(ガラス製)
湯せんにかけてキャンドルを溶かすという方法です。

詳しくやり方を順番に書いていきますね!

アロマキャンドルの湯せんの仕方

①鍋やボウルなどにお湯をいれる。(60℃~70℃)
②中身のバランス悪くなったアロマキャンドルをいれる
③周りのロウが溶ける
④キャンドルのロウが溶けたの確認したら取り出す
⑤平らな場所にキャンドルをおいておく
⑥キレイになったアロマキャンドルのできあがり

⑤の時点で、周りが少し薄くロウが残っている場合は、上で説明したと同じで
中にいれこむっという方法がありますよ!!!

注意点3つ

・④でキャンドルをお湯から取り出すときは熱いのでヤケドしないように。
手でそのまま持つとアチアチアヂーになっちゃいます。

・かなり減ってしまったアロマキャンドル(底の地金が見えた状態)のキャンドルではできません。まだ芯もあるもので。

・芯がうもれてしまわないように。
今まで削れていた真ん中部分がまっ平になるから、芯の長さがロウで埋まって足りなくなる可能性も!!

アロマキャンドルを元通りにする方法と
湯せんするときの3つの注意点でした。

 

アロマキャンドルを長くキレイに最後まで使い切るコツ

アロマキャンドルを長く最後までキレイに使うコツもあるんです。
キャンドルもお肌と同じで、ふだんからメンテナンスすることが大事になってきます!

めんどくさい??すぐに出来ることばかりです。

ズボラな主婦代表のヒロもできるから大丈夫^^!!

少しだけキャンドルに目を配ると次に使う時に気持ちよく使える方法♪

以下の3つ

アロマキャンドルを長い間キレイに使うちょいワザ

①芯を整える

②表面をキレイにする
③フタをする

詳しく説明しますね。

①芯を整える

はさみで、キャンドルの芯の先端をちょきんと切ること

使い終わったあとのアロマキャンドルは火を消したあと黒くなってます。
燃えてるから当然ですね。
芯に焦げ目があると、黒い煙があがる原因になるんです。
アロマキャンドルのいいアロマの香りが台無しになっちゃいますよ!!
長さは短め6ミリくらいがベストです。

試しにわかりやすく切ってみました。

①使い終わったあとの芯(すでに短いんですが、先端は黒ずんでます)
使用後冷めてからキレイになったアロマキャンドル
少しだけはさみをいれると

使い終えたキャンドルの芯を整える

キレイになりました!
キャンドルの芯が長いと炎がだんだん大きくなります。
ぼわっとした明かりと香りを楽しむには小さなほのおが一番♪
使い終えて充分に冷えたのを確認してから、芯を切ってくださいね。
次から心地よく使用できますよ!

②表面をキレイにする

乾いたフキンやティッシュなどで、キャンドル表面をふく

アロマキャンドルはインテリア替わりに置いておくのもいいですよね。
石田ゆり子さんのインスタにあって、真似しちゃってます。

そのまま放置しておくとホコリが入り、
ほこりキャンドルが完成!!
なんてことにならないように。
使い終わった熱いうちはダメですよ!冷えてからそっとふいてくださいね。


③フタをする

あればのお話

②の表面をキレイにするにつながってますが、フタツキのキャンドルがあるんです。いろんなキャンドルを持っていたら、全部に合うってわけにはいきませんが。ほこりを防ぐことはできますよ!!フタのみで売ってました。

フタするときも、キャンドルがちゃんと冷えてから。

最後まで心地よくアロマキャンドルを使うための
3つのちょいワザでした

 

アロマキャンドルの真ん中だけ減るドーナツ化 を防いで最後まで使いきる!!

置いておくだけでも、可愛いインテリアになるし香りもふんわりするアロマキャンドル。どうしてもロウが偏ったときは、上に書いた方法をお試しください。

アロマキャンドルはロウソクに芯が残っている間はずっと楽しめるもの。
使い終わって熱が冷めたあとは、芯を整えたりススをはらったり、大事にメンテナンスが必要でした。

手入れしていると、なんだか可愛くなってきます。キャンドルを大切に育てているかのような感覚。モノだけど、愛着わいてくるんです。

たくさんのアロマキャンドル並べるとキレイ!でも“ほこりキャンドル”になるのを恐れて今は、一つだけ置くことにしました。目が届く範囲内にね。

使ったキャンドルはクリンタというマッサージもできるアロマキャンドル。

読んでくれてありがとう♪

一日を愛しく大切に過ごすため石田ゆり子さんスタイルをとりいれてます。
>>>石田ゆり子になりたい 40代主婦が理想の大人女子を目指す計画

 


スポンサーリンク





記事をよんでくださり、ありがとうございます♪「読んだよ~」の印に下のバナーをぽちっとしていただけると、記事を書く励みになります♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました