おひとりさまが好きな専業主婦のある日の楽しみ方とワガママな理由

ヒロログ

おひとりさまを時々満喫するのが好きな主婦です。
時々というより、たまにかな?
我が家は二人暮らしの子なし夫婦。
休みの日は当然二人ででかけることになります。
買い出しやお茶しにいくのがほとんど。
今日は子なし専業主婦のおひとり様の楽しみ方とそのワガママな理由についてです。

ヒロ
ヒロ

【!!注意!!】今日の記事はワガママ放題になっています^^。

 


スポンサーリンク


家から飛びでてリフレッシュしたくなる専業主婦

わたしはほとんど家にいます。家が大好きです。
自分の好きな物があるし、落ち着くし、うるさくないし(笑)
(話し相手がいないだけ??ですけど)
ある意味のんきに暮らしているのは事実。

ずーーーっと家にいると外の空気が欲しくなります。

息が詰まる?とまではいえませんが、リフレッシュしたくなるんです。
家の中って、生活空間。おいてあるものはなじみあるものばかり。居心地は最高。

でも、時にふだんの日常の世界から、
「あーー外いってこよーーー!!」とふと飛び出したくなる。

おひとり様ってある意味冒険ですね♪

 

主婦がおひとりさまになってしたいことは子供の頃の思い出がルーツ?

天気が良かったら、あたりをブラブラしたいところ。
でも近所だともう慣れ親しみすぎて面白くない。(安心感はあります)
ワンコのたらおさんがいた頃よくお散歩しました♪
ちょっと離れた公園?みたいなところに。今は昔になりましたけど。

たらお
たらお

たらおは(天使になって)ヒロブロに登場してるで!!

ときどき美味しい空気が吸いたくなるんです!!
ワタシの住む町大阪。好きな街なんだけど空気があまり美味しくない!!

あ、大阪でも府下には、空気のキレイな場所もあったりしますが、ちょっーーと遠い。車があればいけるかな?大阪も市外でかなり離れると、景色も結構キレイです。

あ、わたし免許持ってません。移動手段は、足が自転車か電車。(笑)

両親の実家が九州にあって、子供のころ毎年いってました。
テレビに出てくるような“ぽつんと一軒家”の一歩手前くらいの、周りに家が少ない場所。祖父母の家の周りは信号もない、コンビニもない!(今は車で30分のとこにある)
なんにもないけど、山がある。川がある。畑がある。ヘビもいたりする!!

とにかく空気が美味しいんです。

何をするわけでなく、ただ縁側でぼぉーーと山を見たりするのが好きでした。
川もキレイで(飲用になるの)子供のころはカニをとったり。
スイカも川でキンキンに冷やしたり。大阪では考えられない遊びですね。

っと、もう大人なのでカニとりはしないかな?

でもふと帰りたい!って思うんです。あの空気のキレイな場所に。
水が澄んでおいしい場所に。夜になると真っ暗で、虫の鳴き声しかしないし、
部屋に出る虫は、大阪の5倍くらいの大きさでビックリするけど。(笑)

子供の頃の思い出は、キラキラしています。
子供のころに帰りたいというものではなく、あの頃の周りのものすべてに感動したり、経験して知ったこととかが大事な大事な宝物になっているんだっと気づきました。

ヒロ
ヒロ

山を探検したり、
川で泳いだりしてた子供の頃、
九州で過ごした毎日は冒険!!!
あ、結構やんちゃな女の子ですね。

 


スポンサーリンク


主婦がおひとりさまになりたいのは解放感かもしれない

結婚しているし、もう祖父母も他界したので、なかなか行く機会が少なくなりました。さみしいです。あの子供のころからの、大好きな場所へ時々帰りたくなります。お味噌汁がめちゃくちゃ美味しいの。ヨモギ畑ではあたり全体にヨモギの香りがぶわっとするの。

近所の公園みたく「ちょっと行ってくるわー」くらいの距離だったらいいんですけどね。なかなか難しいところです。大阪と九州はやっぱり遠いです。

おいしい空気はあきらめなくちゃですね。

田舎で感じるのは、美味しい空気と解放感。
周りにはなんにもないから。一人を感じます。
さみしさではなく、解放感。生きてるって感じ。


小さい頃に体験した大冒険とまではいきませんが、
あのとき感じたドキドキやワクワクのちいさな根っこみたいなものがどこかにあります。
大人になってもどこかでドキドキみたいなもの?を追い求めてはいますが、
形がちょっと変わってきたんです。
大人になると、たくさんの経験を繰り返して新しい刺激やモノを受け取る機会が少なくなってきますもん。

時間の過ごし方が違うのもありますね。

ふだんは家族のことを考える時間が多く、自分のことはどうしても
あとまわしになっちゃう。(2人暮らしですが、親のこととか抱えてます)
大事なものが増え、責任も抱えちゃいますもんね。

家でまったりだけしていたワタシですが、そうもしてられない状況になってしまって。

ゆっくりと、自分時間をとりたくなりました。

今のわたしに出来て、必要なことは一人の解放感を味わうこと。
おひとりさまでゆっくりくつろぐことだったんです。

 

主婦の休息 カフェでおひとりさまを少し満喫する

九州の田舎へはいけない。
家ではそりゃあくつろげるけど、解放感があるかというとそうではない。

・自宅にいると目に入るものが気になって、掃除しなきゃとか思ったり。
・電話かかってきたりするし(←電話が苦手になりました)
・いらないセールスとかも来たりするし!!(←困る!!)

わたしの悪い癖なんですが、
今考えてもしょうがないこととか、いらないことまで悩んだりする傾向があります。

うーん、このままではあかん。
どないかせんとーー!
たまには、外へいってみよ!

というわけで、
おひとりさまを外で満喫することにしたんです。
解放感を感じるために物理的に家から少し距離をとろうとしました。

ヒロ
ヒロ

家にいたら、なんだか外へ出たくなる。
外へずっといたら、家に帰りたくなる。
そんなワガママな思いです。(笑)

毎日というわけにはいかないのがミソ。
カフェでお茶したり、ケーキ食べたりするとお金かかるから。( ノД`)

とはいえ行くのは、おしゃれーーなカフェではなく、近所にある昔からの喫茶店。ご近所づきあいとか特にしてないので、知り合い?ぽい人にほとんど会うこともありません。メールしたり、雑誌よんだりして、小一時間ほどすごすと気持ちがリフレッーーシュ!!

やったね!!

主婦って家では自分でコーヒー淹れて飲むでしょ。
自分で淹れるより、人に淹れてもらったほうが嬉しいし、美味しく感じる。

なんか不思議。

ご飯もそう。やっぱり作ってもらったほうが、美味しく感じる。
実家では母がコーヒーやらお茶とか何も言わずに出してくれてたなーー。
っと、結婚してから母の偉大さに気づきました!!母、ありがとう♪

ヒロ
ヒロ

カフェはお金をはらってるから、余計美味しく感じるのかも?

自分のためだけに使う時間とお金。
贅沢だなーーーっと思いつつ、これも必要だ!!
っと、自分に言い訳したりなんかして。

自分で淹れた紅茶、ハーブティ、お茶、コーヒー。
美味しいけど、ありがたくはない。
もう当たり前に飲んじゃうから。
お金を払うことで、大事に飲もう!味わおう!って自然に意識が働くみたい。

自分でお茶入れてワタシにお金払うわけにはいかないですもんね。

たらお
たらお

自分で自分にってどういうことやねん!!


自宅でのカフェタイムもいいんだけど…..。
外でお茶する解放感とは、全然ちがうんです。

気持ちの問題なのかもしれませんが、ちょっと家をでることでスッキリするのなら、多少のお茶代くらいは、、、、。多少ね、多くはダメ。(笑)


スポンサーリンク


主婦がひとりで遠出するのは身軽さと刺激を感じたいし、おしゃれもしたい

近所の喫茶店もいいんですが、つかのまの解放感。
刺激にはまだたりません。
あ、外部の刺激が欲しかったのか?と気づきました。

そうなんです。
家の中は、超リラックスモードなので、刺激とは真逆の世界。
ぬるま湯って、一度はいるとなっかなか抜け出せない。
肩までつかって、ホワンホワワァンとしてたら、ずっとホワホワモードのまま。

ヒロ
ヒロ

たまには、外部の刺激を!
新しい情報を!!
とココロの中からムクムクっとわいてきます。

遠出といっても、電車でいって夕方には帰ってこれる場所。
夕食つくらなくちゃだもん。そこらへんは現実的(笑)
電車で出かけると、いつもいく喫茶店とは全然ちがう。
身軽だからある程度は、どこでもいけちゃうし。

電車で大阪市内にでたら
おしゃれーーなお姉さんもいるし、マダムもいるし、面白いです。
全身黄緑の人とかもたまにいます。

ヒロ
ヒロ

大阪はヒョウ柄のおばちゃん?のイメージありませんか?

いるにはいるけど、いつもは目にしないですよ。
今は、割と地味めが人の方が多いです。ホントに。

あべのハルカス
あべのハルカス↑↑へはめっちゃ行ってますね。

男性はあまりみないかな?仕事中?カフェでは営業中の人とか、
もしやおさぼり中?の人を見かけます。(笑)

同じ大阪でも、市内と市外や府下では全然違うのが面白いところ。
行きかう人も違うし、お店も違う。断然人が多い!!年齢層が若い!!(笑)
知らないものや新しいものがある!!って、まるでおのぼりさん。

気持ちが一気にシャキーンとします。

毎日のことじゃないから、見るものすべてが新鮮に感じる。
もし仕事とかで毎日通ってる場所なら、いつもの風景になるのかな?
ワタシの当たり前は家の周りだけ、範囲が狭い。
ちょっと遠出するたび、大きな刺激もらいます。

また遠出するのに必要なこと。
近所でちょっと買い物っていう格好ではないのもポイント。
キレイめにしようと洋服にも自然に意識が働く。
メイクもいつものBBクリームとリップではなく、ファンデーションと口紅。
『よし、出かけるぞー!』のスィッチがはいります。

ふだんからおしゃれすればいいやん!って感じですが、
なかなかね、ムズカシイよ。
だって家にいるから、誰にも会わなくてすむ。
洋服汚れるのも嫌だしね、、、なんて。

一人で出かけるときは、気分は身軽でラクチンだけど、
メイクもファッションもお出かけ仕様にしなくっちゃね♪

⇒いつものすっぴんメイク風の記事はこちら。

 

少しの遠出は主婦にとってひそかな大冒険と大発見あり

ひとりで、身軽にブラブラ歩いていると必ず発見あります。
アロマのお店では季節の香り見つけたり、新しいハンドクリーム見つけたり、
パンやさんでは近所では売ってないであろう大きいクロワッサンとか。
好きそうなお店や気になるお店があったら、とりあえず行ってみます。

PAULのクロワッサンもそうして出会いました!!
大きかった!美味しかった!感動した!!

クロワッサン
PAULを見つけてBIGなクロワッサンに感動した記事

普段家にいるワタシからしたら、ちょっとした大冒険。
おおっとΣ( ̄□ ̄|||)する発見あり、こんなのあるんだ!!
驚きが心の大きなスパイスになります。


主婦のおひとりさまだから、疲れたときには適当なお店みつけて休憩。

「え?もう休憩するん?あとでいいんちゃう」っていう人もいないし。
(夫と出かけたら言われることあります^^)

ゆっくりする時間も、お茶する時間も、お店を見て回る時間も
一人だからこそ、マイペースに自由自在にめぐりめぐることができちゃいます。
同じ店をあとかたまた見たりね。(←気になるお店は後でまた行くタイプ)
もしくは、ひとり優雅にカフェで本や雑誌よみながら~まったりとか。

遠出するときは(たいがい)何か目的があります。
誰かの誕生日プレゼントやお祝いや贈り物。ときに自分用のマイプレとか。(笑)
大きな書店にいきたい!とか。そのついでに冒険するんです。

ひとりでジョーマローン行ってみた記事

主婦がおひとりさまで、たまに行くお店。はじめていくお店。
なんだかドキドキするけど、まだ見ぬ知らないものがあるかもしれない。
面白いものが見つかるかもしれない。美味しいもの発見するかも???

ワクワクどこかで期待する気持ちとともに、お店めぐり。
ひそかに、値下げしてるの発見したりしたら、もう嬉しくなります♪

ふだん家でゆったりしてるからこそ、妙にアクティブに動きまわってますよ。
疲れたら、気ままに休憩すればいいもんねーーっ。

子供のころの冒険とは意味合いが変わるし、お金もかかります。(笑)
でも見てるだけでも楽しい。
知らないものを見つけたときの喜びは、小さい頃に秘密の通路をみつけて
クスクス笑いながらウキウキしたときの感じによく似てます。

主婦のおひとりさまは積極的一人行動!

ひとりでお店に入る、、、ま、ちょっと緊張するときもあります。
誰かと一緒のほうが安心なときもあります。(←入りにくいお店ありませんか?)

でも、おひとりさまの時間って貴重。ひとりだけの時間だもの。
家でも一人ちゃうん?って言われそうですが、家での一人と、外での一人は
まったく意味合いが違います。孤独?とも違います。

積極的一人行動が外でのおひとりさま。
楽しんでるし、面白い。

だって、ひとりでめちゃくちゃ歩き回るんだよ!!(笑)
家だとそこまで動かないし、行動範囲が狭いもん。

家から出たい!とかそういうのじゃなくて家があるからこそ、
安心して出かけられるのは、帰る場所があるからですね。

出かけて家に帰ったとき、あの心からほっとする安堵感!!
あー家っていいな~としみじみ実感します。外では、おひとりさまを満喫したけれど、
やはり家が一番♪解放感と安堵感って一緒には存在しないのかな??
チガウからかこそ、どちらも味わいたいっていうこと。

もし解放感だけ求めてしまうと、
ワタシはムーミンのスナフキンのようにフラフラッと旅に出るかもしれません。(笑)

自分からおひとりさまを選んでいるのって、ある意味自由な解放感ですね。

まとめ 主婦がおひとりさまを楽しむワガママな理由


おひとりさまをしたあとで、家に帰るといつも感じます。
帰る場所を居心地よく保つのも、専業主婦の役割のひとつ??って。

自分自身も心地よく家では過ごしたい。
そのためにも、またおひとりさまします!!
家の居心地よさをちゃんと確認するために(なんてね^^)

ぜんぶひっくるめて主婦(ワタシ)がおひとりさまをする理由。
外で冒険したら、家での仕事も全うしなくちゃ。
家のことがひと段落か、中休みでまた冒険しにいこうって決めてます♪

外から帰ったきたときこそ、家が一番って感じる。解放感からの安堵感。
働いて帰ってくる夫のためにも、ね。
わがままなワタシのような主婦にとっては解放感も安堵感もどっちも必要ってことでした。

たらお
たらお

読んでくれて、ありがとです。
では、またねー♪


スポンサーリンク





記事をよんでくださり、ありがとうございます♪「読んだよ~」の印に下のバナーをぽちっとしていただけると、記事を書く励みになります♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました