青クマ解消 目元スッキリするホットタオルの作り方とクマ対策

スキンケア
この記事は約6分で読めます。

疲れていないのに、人から疲れてみえる目の下のくま。年齢以上に老け見えする青クマは、できるならおさらばしたいもの。たっぷり寝てもとれない青くまは、血行不良が原因。青クマを解消してスッキリした目元にするには、アロマでホットタオル(蒸しタオル)がおススメです。

今日の記事は青クマ解消のためのコツコツ続ける美容法になります。
・青クマ対策 アロマホットタオルの簡単な作り方
・青クマの原因
・青クマを解消するその他の方法
・目の下のクマの種類の見分け方
・まとめ

毎日鏡を見るたび、青クマ見つけてブルーになるのを防ぐ簡単な美容法を紹介しています。


スポンサーリンク


 

青クマ対策 アロマホットタオルの簡単な作り方

目の下にできる青くみえる青クマにはホットタオルで血行をよくして温めてあげるのが一番という簡単な美容法です。
タオルとアロマの精油が一本あれば、蒸しタオルがすぐに完成します。目もとにあてて青クマ対策するものです。
ホットタオルでアロマを使う場合と使わない場合の2種類紹介しますね。

超簡単 アロマを使わないホットタオルの作り方
①濡らしたタオルをレンジで一分あたためる
②目の上にのせる

簡単 アロマを使ったホットタオルの作り方
①洗面器にお湯を入れて、アロマの精油を1、2滴いれる
②タオルをお湯に浸してから、しぼる
③アロマがついてないほうを、上にして目の上にのせる

どちらのホットタオルもすぐに用意できるもの。
アロマの方は、電子レンジを使ってない方法ですが、お湯さえあればすぐに完成します。もっと詳しい作り方を記事に書きました。

>>>アロマでホットアイマスクの作り方は簡単 ラベンダーで心身癒しの時間

タオルを目の上にのせる時間はタオルが冷めるまでの時間。
大体5分間くらいになります。

ホットタオルを目元に使うときの注意点
ホットタオルは熱すぎるものではなく、手でさわれる程度の熱さにしてくださいね。

温まると、目元の血行がよくなるのと同時に、目の疲れもとれるのかんじます。

アロマでホットタオルで目の周りを温めると
・アロマの香りがふわっと広がる
・目から全身、心まで癒される

を実感しますよ。

ホットタオルの効果は
・青クマ対策
・心身ともに心地よくリラックスできること
・目元がスッキリする

青クマ解消のために、お金や時間が多くかかる大変な美容法だと続けるのも大変ですが、そんな心配はいりません。

作った蒸しタオルを使用するタイミングは、眠る前がおススメ
目が温まるのとアロマの香りで、眠りにつきやすくしてくれます。お手軽なホットアイマスクがわりにも。市販のホットアイマスクもありますが、コスパよく肌に優しいのが自作のホットタオル。

参考 
>>>ホットアイマスクのデメリット!めぐりズムを処分するときの注意


スポンサーリンク


青クマの原因を知って対策する

青クマの原因は普段の生活にあります。
きれいを作る美容法は以下のライフスタイルに要注意ですよ。

青クマの原因になるもの

・パソコンを毎日長い時間している
・目が疲れている
・寝不足が続いている
・最近疲れがなかなかとれない
・手足が冷えている(冷え性)
・運動不足気味である
・ストレスをかかえている 

わたしは、ほぼ全部あてはまってます。汗。
青クマはたくさん寝たら解消というわけじゃなくて、他の原因ともからんでいることがあります。

青クマになる目の周りの皮膚は、体の中で薄い部分。パチパチまばたきしたりといつも動かす箇所だから、負担がかかってどうしてもシワシワになりがち。目の周辺には多数の毛細血管があり、寝不足やストレス・疲れなどで目の周りが血行不良になるんです。皮膚の上に黒ずんだ血液が透けて青黒くみえてしまったものが、青クマ。

目の周りの血行をよくするために蒸しタオルで温めてあげるのが簡単な美容法。疲れ目にも心地よいので、お試しくださいね。

 

青クマを解消するその他の方法

青クマを解消するための美容法は、最初にあげた蒸しタオルのホットタオルが有効です。
他にはマッサージがあります。
マッサージはあまりおススメしません。ソフトタッチで行わないと、かえって刺激になるから。もし目元にマッサージするとしたら、力のはいりにくい薬指などでやさしく行うのをおススメします。

青クマ対策として、入浴すること
半身浴や全身浴でお風呂にゆったりつかることも、全身の血行がよくなる方法です。
シャワーをささっと使うより、湯船にためて体をお湯につからせてあげることが一番です。
>>>目指せ石田ゆり子♪アロマキャンドルのおススメとバスタイムの過ごし方

青クマを目ただなくするメイクをする
上にあげている方法は即効性がありません。コツコツ続ける青クマ解消法です。
でも今日は大事な日だから青クマを目立たせたくない!!っというときはメイクで隠してあげることができますよ。
メイクするときオレンジ系のコンシーラーやコントロールカラーを目元に塗ってあげてくださいね。
青クマにはオレンジカラーがベストです。
使うとしたら、塗りやすいペンシルタイプがおススメ。


DHCの薬用PWコンシーラーというオレンジのコントロールカラー。
クマ部分だから、部分使いにはペンタイプが便利。
下地→コントロールカラー→ファンデーション
とファンデの前に使うものです。

青クマの原因を取り除いていくこと。
原因なライフスタイルの中にあります。上であげて手足の冷え、寝不足、疲れや運動不足などなどライフスタイルの見直しが青クマの解消につながっています。健康的な生活が青クマ対策になるんですね。

青クマ対策としてのその他の解消方法
・半身浴や全身浴など入浴すること
・コントロールカラーを使うこと
・ライフスタイルの見直しをすること

目の下のクマの種類を見分け方

目の下のクマには青クマ以外にも、やっかいなものがあります。
クマの種類には見分け方があるんです。クマは全部で3種類。
茶クマと黒クマと言われるもの。青クマとの違いや見分け方をご紹介しますね。

青クマ・・・目じりの下を横に引っ張ると薄くなる。日によって違う。
茶クマ・・・メラニンにより茶色くみえる。ひっぱっても消えない。
黒クマ・・・影ができて黒くみえる。上をむくと薄く見える

上記3つがクマの見分け方。クマの種類によって、原因や対策もそれぞれで異なってくるから要注意。

今日の記事は血行不良の青クマ対策。クマの中一番多い種類。

クマの加減は年齢や顔の彫りやまぶたの厚みなど、個人差があるものですが、悲しいことに年齢を重ねるとともに、クマは目立ちやすくなってきます。40代以降は特に…..。

今日の青クマ解消法は簡単なので、どうぞお試しくださいね。

青クマ対策・解消法まとめ

青クマ解消のためのホットタオルの使い方や原因、そのほかの対策でした。

今日の記事は青クマに限ってなので、茶色いクマや、黒いクマの対策ではありません。
原因は血行不良もそうですが、日常生活の改善が大事。ふだんのライフスタイルを見直して、運動するとか、パソコンは時間を決めるなどのアクションも大切です。

ぱっと見た感じがどうしても疲れてみえたり、年齢以上に老けてみえてしまう青クマはをスッキリさせるには、まず簡単ホットタオルで対策してみてくださいね。

今日の記事は以下の書籍を参考にしています


日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書

続いて読んで欲しい記事 きれいを目指す美容法のまとめ
>>>石田ゆり子になりたい 40代主婦が理想の大人女子を目指す計画


スポンサーリンク





記事をよんでくださり、ありがとうございます♪「読んだよ~」の印に下のバナーをぽちっとしていただけると、記事を書く励みになります♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました