フーミースキンケアの順番とおきくりクリームのスペシャルな使い方

スキンケア
この記事は約5分で読めます。

敏感肌のためのフーミーのスキンケアアイテムの使い方の順番です。ベーシックやスペシャルのものとあわせワザとスペシャルな使い方をご紹介しますね。人気のエイジングケアクリームを使ったフーミーの置きクリーム #おきくりをする箇所や使い方も具体的に解説。
フーミーのスキンケアはイガリシノブプロデュースの敏感肌のための優しい成分がたっぷりかつ買いやすい金額なので、たっぷり使用するのがおススメです。


スポンサーリンク


フーミースキンケアの順番の使い方(基本)

スキンケアは水分、油分の基本の流れになりますね。
敏感肌でも使えるベーシックシリーズのスキンケアの使い方の順番を紹介します。

①フーミーモイストローション
②フーミーモイストミルク もしくは モイストクリーム

詳しい流れは以下になります。

①フーミーモイストローション
顔を洗ったあと、たっぷり使用する。量は500円玉ふたつ分程度
気になる箇所へは重ねてつけることを推奨。
水分をいっぱい肌にあたえてあげることが大切です

②-1フーミーモイストミルク(乳液)

モイストローションのあと、10円玉サイズを顔に広げる
乾燥するところへは上から重ねてミルクをつける。
フーミーはべたつかない乳液というのがポイントで、メイク前もOK

②-2フーミーモイストクリーム

モイストクリームのあと、パール1個から3個分を
顔に広げる。足りない時は重ねづけする。
全身に使えるクリームとしてあります。
水分たっぷりのみずみずしいクリームでべとつきもありません。

モイストミルクとモイストクリームでは、ミルクで保湿が物足りない方はクリーム。
わたしは乾燥肌のためクリーム派です。


フーミー モイストローション 100mL 【フーミー WHOMEE】 【2020年2月 新商品】
フーミー モイストモイストミルク 200ml

フーミー モイストクリーム 100g

フーミーモイストローション(化粧水)、モイストミルク(乳液)、モイストクリームは敏感肌でも優しく使えるスキンケア。製品の詳しい内容や成分は以下の記事にあります。
>>>【フーミー新作】敏感肌がたっぷり使える初スキンケア ベーシック編

つづいては、エイジングケアのスペシャル編のスキンケアになります

フーミースキンケアのスペシャルの順番と置きクリームの仕方

フーミースキンケアにはエイジングケアの製品もあります。
年齢肌のためのより栄養価が高いシリーズ。ベーシックのスキンケアにプラスできる製品です。イガリさんは使い方や順番は自由といわれてるくらい、フレキシブルなコスメ。
フーミースキンケアの基本は知っておきたいので、まずは以下の流れを。

①フーミーモイストローション
②フーミーモイストエイジングクリーム
③フーミーモイストミルクかモイストクリーム

肌の調子がよくなるスキンケアは
化粧水と乳液(クリーム)の間にエイジングクリームをはさむこと。

詳しくは以下の流れです。
①モイストローションを肌につける

②エイジングケアクリームをパール一個から二個分つける
乾燥する箇所は重ねづけ

③モイストミルクかモイストクリームをつけて完了

基本の流れは①~③になります。大人の肌悩み、かさつきやくすみを解消するために
開発されたエイジングケアクリームには、濃厚な美容成分がはいっています。イガリさんはさらに、置きクリームをおススメされています。

フーミー モイストエイジングケアクリーム 30g

エイジングケアクリームは以下の記事に詳細と成分を解説しました。
>>>フーミー初 敏感肌メイクと美肌をかなえるスキンケア スペシャル編

つづいては人気の置きクリームの方法です。

イガリシノブのおススメ 置きクリームする方法 #おきくり

置きクリームとはイガリシノブさんの言葉です。
年齢肌の悩みを解決するために、クリームを肌にたっぷりのせてあげるというやり方
シワや乾燥が気になる顔のパーツにクリームを置くだけだから置きクリーム
#おきくりと呼ばれるもの。お肌へのスペシャルケアな使い方は以下のとおりです。
おきくりは、フーミーエイジングケアクリームを使用します。

エイジングケアクリームの基本の使い方

①化粧水で肌を保水する(水分をあたえてあげる土台)
②軽く乳液やクリームを顔全体に広げておく
③気になる箇所にエイジングケアクリームをたっぷり5分から10分間置く
④クリームが透明になっていくので、のこったクリームをなじませる

②の乳液で完了するのではなく③でさらに栄養を肌に与えてあげるんです。
④は肌に刺激を与えないように優しくクリームをのばすことが大切。

置く場所については顔の各パーツ。
しわなどの顔の気になる部分になります。

置きクリームをのせるパーツ
・ほうれい線
・口もと
・こめかみ
・眉間
乾燥やシワがきになる部分のスペシャルなスキンケアができるんですよ。

ちなみに口もとは盲点でした。下唇の口角の部分はいつもスルーしている箇所でした。
またこめかみは、年齢とともにくぼみがでてきて気になる部分。スペシャルケアをしたいパーツ。気軽にできるおきくりは、嬉しいスキンケアです。

インスタでは、洗顔後の肌に直接エイジングケアクリームを推奨されていました。

①洗顔
②エイジングケアクリームをおきくり

朝は、そのあと化粧水からのスキンケアへすすむ
夜は、そのまま就寝

肌状態にあわせて使うことができるというのは、とても便利ですね。
肌なじみがいいフーミーのスキンケアだからこそ、メイク前にもOKという嬉しいポイントです。

フーミースキンケアの順番のまとめ

今日の記事は、フーミーのスキンケアの使い方と流れでした。
フーミーシリーズは敏感肌のためのスキンケアということと、
エイジングケアクリームを取り入れ方は、朝でも夜でもいいという点がポイント。

エイジングケアクリームは、朝起きて顔が疲れてるときに、スペシャルケアとして栄養を与えてからメイクというやり方や、寝る前にたっぷり塗って就寝という状況に応じて使うことができるのが嬉しいですね。

フーミーエイジングケアクリームは、少しずつ人気がでてきて、リピーターと新規の方で、すぐに売り切れになる商品。気軽におきくりしてスキンケアができる点が、めんどくさがりの主婦にとても嬉しい特徴です

おきくりできるエイジングケアクリームは楽天でも購入可能でした。

フーミー モイストエイジングケアクリーム 30g

つぎに読んで欲しい記事
フーミーモイストクリームもいろんな使い方ができるんですよ
>>>フーミーモイストクリームの6つの特徴から知ったおススメの使い方


スポンサーリンク





記事をよんでくださり、ありがとうございます♪「読んだよ~」の印に下のバナーをぽちっとしていただけると、記事を書く励みになります♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました