【敬老の日】辻利の宇治抹茶プリンレシピ、時を一緒に過ごす贈り物

抹茶プリン簡単レシピ
この記事は約7分で読めます。

敬老の日は九月の第三月曜日。贈り物は、心をこめて手作りのお菓子はいかがですか?
辻利宇治抹茶プリンの素で作るなめらかプリンのレシピです。抹茶といえば京都の辻利♪
辻利は歴史が古くって、有名な井伊直弼と関係してるかも??なんて話題作りにも。
歴史を感じるなめらかで美味しい抹茶プリン作って、一緒の時を過ごしちゃいましょ~。
混ぜて冷やす簡単レシピです。

宇治抹茶のとろとろミルクプリン

今日もいってみよー♪


スポンサーリンク


敬老の日に辻利の宇治抹茶なめらかプリンで手作りお菓子の材料(2個分)

抹茶プリンの素を使うから少ないですよ~♪

宇治抹茶プリンの材料

  • 宇治抹茶プリンの素 (2本)
  • お湯         一個につき70ml
  • 牛乳         大さじ2(ミルクプリンのみ)

牛乳は生クリーム大さじ2でも、いいみたい。
なめらかプリンにするには、どちらかいれてね♪

小さめプリン容器二つと、黒い棒みたいなのは混ぜ棒です。
プリン容器は、前に中身を食べて置いておいた入れ物。
厚手のガラスで可愛いサイズ♪
黒い棒は、キャン★ドゥのちょいまぜマドラーという商品。
まぜるものは、“小さめスプーン”でもOK♪

宇治抹茶プリンの簡単で詳しい作り方

宇治抹茶プリンのいよいよ作り方へ~。っといっても簡単です。
混ぜて冷やすだけ。
パッケージの裏面の通りに進めていきますね。

①プリンを食べるときの容器に、抹茶プリンの素一本を入れて、
70℃以上のお湯を70mlいれる。

器に抹茶プリンの素をいれる

まず、容器に抹茶プリンの粉をひと袋イン

お湯を70mlいれる

熱いお湯70mlいれる。ブクブクです。

③1分以上ぐるぐるかき混ぜる
粉が全部溶けるように容器の底や隅の方までかきまぜてね。

底までしっかりかき混ぜる

底に粉がたまるから、よーくまぜてね!

④牛乳大さじ2をいれる。また1分くらい混ぜる。
ミルク入れない場合は、④へすすみまーす。

牛乳を加える

牛乳いれたては、マーブル模様♪

④容器の粗熱がとれるまで放置。冷蔵庫にいれて、約2時間冷やす。

粗熱をとってさます

左右いれもの違います!抹茶のみと牛乳いれたもの2種類です。
いれもの小さくて牛乳入るスペースなかったの。

たらお
たらお

抹茶プリンを2種類食べ比べてみよー!!

・・・・
・・・・
・・・・
・・・・

2時間以上冷蔵庫で冷やしました。(o・∇・o)

抹茶ミルクプリンの完成

辻利の宇治抹茶トロトロプリンとミルク入りプリンの完成!!

めちゃくちゃ簡単でした~。
お湯の準備と、かき混ぜるだけですね★

食後にタロさん(夫)と食べ比べ。

お味は、、、ソフトな抹茶なプリン。
ミルクいりは、ほんのりミルキー!
ミルクなしは抹茶感がありますが、トロトロでした!
あれ?ミルク入れなくても、よかった??

夫タロさん「“抹茶のみのプリン”がいいなー」

ヒロ   「ワタシは“ミルク入り”が好きやわー」

と夫婦で意見分かれました!
ミルキー風味がお好きな方は、牛乳入りでね!

タロさん 「“濃厚抹茶杏仁”の方が、甘くてええな」

辻利の宇治抹茶プリンは、甘さ控えめ。
甘みが欲しい?生クリームとかのせちゃう?

ヒロ
ヒロ

抹茶プリンの上にはずっと使わずにいた“金箔”のせてます。
キラキラあると豪華~♪

 

たらお
たらお

それ、やっーーーと使えたやつやん。

 


スポンサーリンク


辻利の宇治抹茶プリンって、どんなの?味は?辻利は歴史的事件と関係してる???

まず思ったのが、プリンのサイズちいさーい!
70mlですもんね。いつもは軽く倍の量です。笑。

食いしん坊だからねー。

トロトロ抹茶(ミルク)プリンは上品なものと考えましたー!
味も品がある。甘さ控えめだもん。

それか倍量で作っても♪

今回使った抹茶プリンの素は、

抹茶は抹茶でも、京都の宇治の辻利の抹茶なんですよ~。
しかも2種類の抹茶を合わせたもの。
スティックタイプで、開封もしやすいです。

創業萬延元年 京都宇治総本家 

パッケージにドーンと明記されてます。

萬延元年は、1860年のこと。
創業から159年!!!
さすがです。ながーい歴史ですねーー。

同じ年に歴史的な大事件がありました★
日本史ですよ!覚えてますか?

桜田門外の変!!

歴史苦手なんですが、名前だけは憶えてました。

桜田さんが門の外で変だった1860

学生のころ、年号のゴロ合わせしませんでした???
あ。脱線しました。汗。(全国の桜田さん、ごめんなさい)

当時の大老の“井伊直弼”さんが首をとられた事件です。。。。
そして、この“井伊直弼”さんは
実は“茶道”に詳しいお方なのでした。

茶道ですよ。

茶道のお茶といえば、抹茶!!!

きたー!!!


ということは、
同じ年の、“辻利の創業”にもなんか関係してちゃってる?

と妄想しちゃいます。

井伊直弼さんは、
茶道における一期一会の心得”について本まで書かれてます♪

全く知らなかったーーーー。

こんな本を書かれてました!

という歴史話なんかを取り入れながら、
敬老の日、抹茶プリンを渡したり、一緒に食べたりするのはどうですか?

高齢者の方とのお話って、なかなか難しいです。
世代が違うと、興味も違うし。

過去の歴史は共通してるし、
また京都の話もできる。
京都をしらなくても、
プリンが好きなら、プリンの話から甘いものや和菓子の話。
洋菓子にもいけちゃいますね。
抹茶パフェ
画像は茶寮都路里さんからお借りしました

ワタシなら“都路里(つじり)の抹茶パフェ”の話するかも~♪

敬老の日の日の手作りお菓子!しかも
抹茶プリンって、粋じゃあないですかー。
お店のが見た目もキレイですよ~。もちろん。
でも、牛乳や生クリームいれたり、金箔トッピングしたりとか
自分流に作れたら嬉しくないですか??

“オンリーワンの抹茶プリン”。
しかも、めちゃ簡単!!溶かして混ぜるだけ!!!

ヒロ
ヒロ

でも、もっと大事なコトは….。


スポンサーリンク


敬老の日は一緒の時間を過ごすことが一番の贈り物(実体験より)

一緒の時間を過ごすことが何よりの贈り物。

今、義母が長く入院しているんです。
病院への差し入れはできないんですが、いろんな話をします。

「ご飯食べた??どんなだった??全部食べた???」で、はじまって
義母の顔色みたり、話すことができるか確認したりしてます。
高齢に入る年代なので、世間では“おばあちゃん”になる義母。

抹茶プリンは食べやすく大人な風味なので、超大人の年配の方にもぴったりですよ。
牛乳か生クリームいれて、なめらかーな食感にするのが今日のレシピポイント。

プリン好きな義母なので、ほんとは抹茶プリン持っていきたいんですが、
禁止されちゃってて。残念です。
でも、回復して食べれる状態になったらいつでもつくれるように♪
スタンバイよーし。
その前に試食がてら、簡単スィーツ作ってます。

ワタシが帰るときは、
「きいつけて帰りやーーー。ニコ」
っと笑顔でいつも見送り。
手を布団から出して、フリフリしてくれます。
「何もできないけど、来てよかったんだ」
と思う瞬間。

やっぱり、贈り物は一緒にいる時間なんですよね。
敬老の日だけとはいわず、
少しの時間でもお互いの姿を確認できて、
会話して、体温感じて、スキンシップしてくこと。
これからも、続けていきたいです。

スキンシップは、ハグとかじゃないです~。
照れ屋の日本人なので。えへへ。
手を握ったり、簡単なハンドマッサージしたりするんです。
アロマテラピーインストラクターをしていたでので、
“簡単なハンドケア”ならできちゃいます。
ひそかに、“ハンドケアオタク”^^。

追記

病院への差し入れは基本厳禁なところが多いです。義母が以前入院したとき、ご飯を食べなかったんです。食べれる状態だけど、本人が食べない状況。そこで、好きなものを差し入れOKな経緯がありました。病状や容体により差し入れできる場合もあるんですよ。

 

さいごに

今日は、抹茶プリンの簡単レシピでした。井伊直弼さんは関係してるかも?ですが、
話題作りのひとつにどうぞ♪♪

もし最近会っていないご家族や年配の方がいらっしゃったら、
“宇治抹茶ミルクプリン”おすすめですよ~。

そして、一緒にすごす時間が何よりのプレゼント♪

たらお
たらお

高齢者の方に食べやすい他のスィーツは杏仁豆腐!
簡単レシピもあるよ。

→濃厚抹茶杏仁のレシピは失敗からうまれちゃった
→生クリーム入りの素で作るクリーミー杏仁のレシピ
→簡単コーヒー杏仁は夫婦で意見わかれました

贈り物を相手先へ届ける場合は、通販を使ったりしています。
シャディはカタログギフトから商品まで多数からえらべるので
送付するときに活用しています。
↓↓↓

選べるおもてなしカタログギフト【シャディ公式】。

★おまけ★

ヒロ
ヒロ

井伊直弼さんのあの事件の名前覚えてる?

たらお
たらお
 

〇〇さんが、変だったやつ????

では、またー♪


スポンサーリンク





記事をよんでくださり、ありがとうございます♪「読んだよ~」の印に下のバナーをぽちっとしていただけると、記事を書く励みになります♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
簡単レシピ レシピ
ヒロをフォローする
かおりごと★まったり主婦の自分磨きと日日アロマ【ヒロブロ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました