ハンドクリームは顔に塗らない 手以外の活用と全身クリームのおススメ

脱おばちゃん化計画
この記事は約5分で読めます。

ハンドクリームは手がしっとり保湿されるので、乾燥した顔にも塗りたいところですが、お待ちください。ハンド用を顔に塗るには注意が必要です。とくに敏感肌の方は。
ハンドクリームを顔にぬらないで欲しい理由と、手以外の活用法、ひとつのクリームで全身ケアしたいときのおススメをご紹介します。

今日の記事は
・ハンドクリームを顔に塗るのはおススメしない理由
・ハンドクリームを手以外で使う場合
・全身に使いたいときはハンドクリーム以外を選択する
 敏感肌は手と全身にできる愛用ボディローション
 敏感肌が手と全身と顔に使えるおススメクリーム
・まとめ
とハンドクリームの最大限の活用法がわかる内容です。


スポンサーリンク


ハンドクリームを顔に塗るのはおススメしない理由

ハンドクリームはハンド専用です。ニベアなど全身に塗れるものもありますが、基本は手に使うものとして売られています。
ハンド&ネイルクリームであれば、爪まで塗ることができるタイプ。

ハンドクリームの特徴として
・手に使用するので、伸びが悪い
・油分が多い
・量がボディクリームより少ない

ざっと3つの特徴があります。

香り付きのものが多いのがハンドクリーム。
ローズやラベンダーなど種類も多いです。
香りとは、香料のこと。手に塗る前提ですので、香りが強いものが多い。
顔に塗るのに香料が強いと刺激になるので敏感肌の方にはよくありません。

ハンドクリームはあくまでも、手専用のもの。
油分も多かったりするので、顔にはおすすめできません。

顔には化粧水、乳液、下地クリームや日焼け止め、ファンデと塗りますが、
その中にも乳液、下地、ファンデには油分が含まれています。
ハンドクリームは油分のない手へ塗るものなので、顔とは違いますし、
手の皮膚と顔の皮膚は厚みが違うんですよ。特に目の周りの皮膚は薄いです。
クマができるところ。ハンドクリームだと心配…。

ハンドクリームとして売られているものは顔に塗らないを推奨します。
香りのいいものは手に塗ってにおいをお楽しみくださいね。

ハンドクリームを手以外で使う場合

顔はNGと説明したのですが、他の場所なら使うことが可能なんです。
乾燥している箇所に使用することができますよ。

乾燥して硬くなっている
・肘
・かかと
・くるぶし
・ひざ

すべてボディクリームで充分なんですが、肘は手のついでに塗ることができますね。
かさつく箇所に油分補給という意味で使用します。

参考
ハンドクリームを効果的に使う方法はご存じですか?
>>>ハンドクリームの正しい塗り方と量タイミング 効果的に使う二つの方法

敏感肌が全身に使いたいときはハンドクリーム以外を選択する

ハンドクリームやボディクリームを使い分けるのがめんどくさい!!となんども思ったことがあります。場所もとりますし、お風呂上りに一気に全身ケアで塗りたいという無精者です。手と全身。顔までいれた全身に使えるものがありますので、ご紹介しますね。 

敏感肌が手と全身に使える愛用中のボディローション

敏感肌の方でも手と全身に使えるものがあります。種類はボディローションですが、伸びもよく顔以外すべてに利用できます。ポンプタイムでとってもコスパがいいので、ヘビーローテンションしています。

>>>【40代敏感肌】ハンドクリームのおススメは松山油脂がコスパ最強

ポンプタイプなので、ワンタッチでそのまま塗れるところ。ユズのかおりが穏やか。詰め替え用もあってお得な点もお気に入りです。無香料もありますよ。
気軽さは大きなポイントで、手洗い後の手の保湿にも利用しています。

松山油脂のM-mark柚子ボディローションのいいところといまいちな点をまとめますね。

いいところ
・手とボディに使える
・無香料と香料(柚子)が選べる
・コスパよし

いまいちなところ
・顔には使用不可
・乾燥しすぎた肌には向かない

顔には使えませんが、その分のびがいいので使いやすいです。
水分が多めのローションなので、カサカサがひどい場合には物足りないことも。

 


スポンサーリンク


敏感肌が顔を含む全身におススメのフーミーモイストクリーム

手と体と顔、つまり全身に利用できるものがあれば、一番ですね。
おふろ上りにひとつですむものがあるんです。
フーミーからでているモイストクリーム。
本来は顔用ですが、100gはいっているので、おしみなく使うことが出来ます。


以前モイストクリームについて記事にしました。
>>>フーミーモイストクリームは敏感肌がおふろ上りに全身使用できるアイテム

40代敏感肌でも安心して使えるクリームです。
フーミーモイストクリームのいいところといまいちな点は

いいところ
・全身に使える
・顔用クリームとしてはお得の100g
・使ったあとはすぐになじむ

いまいちな点
・香りがない
・ひどい乾燥肌には物足りない
・全身に使うとすぐになくなる

香りがないから、敏感肌も安心して使用できます。
顔用にしては大容量だけど、ボディにつかうと、すぐになくなるという。
いいところと内容が表裏一体です。

ではどうすればいいねん!になりますが、
ぜんぶあるといいです。

ハンドクリーム・・・手専用
ボディローション・・手とボディ
モイストクリーム・・顔をふくむ全身

とすると、顔専用の乳液が不要になりますね。
乳液がお好きな方はボディローションのみでもOKだし
モイストクリーム一本というパターンもできますね。

私は乾燥肌ですが、顔はモイストクリームで問題ありません。
(化粧水と美容液はつかってます)

参考記事
>>>石田ゆり子に学ぶ40代からの美容法シンプルスキンケアで美肌作り

まとめ

今日の記事は

・ハンドクリームは顔には使わない
・ハンドクリームを顔と手以外で利用できる場所
・手を体に使用OKなボディクリームのおススメ
・敏感肌が顔を含んだ全身使えるモイストクリーム

についてでした。
ハンドクリームやボデイクリームは正しく効果的に使用して、ピカピカ美肌手に入れてくださいね。

ハンドケアがすべてわかる記事をまとめました
>>>ハンドクリームを習慣化するのに必要な方法 日々のハンドケアのヒント


スポンサーリンク





記事をよんでくださり、ありがとうございます♪「読んだよ~」の印に下のバナーをぽちっとしていただけると、記事を書く励みになります♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました