夫婦時間のレシピ 夫と一緒に料理して夫婦円満ステイホームに

ライフスタイル
この記事は約6分で読めます。

家時間を充実させるには料理が一番です。夫婦2人で何か一緒に行って達成感をお互いに感じるものがごはん。ステイホームをどうすごしたらいいか悩んでる主婦の方へ、旦那さんと楽しめる料理はいかかですか?夫婦時間の楽しいレシピになります。

今日の記事は
・夫婦で一緒に料理をする方法
・夫婦円満レシピ例 
・夫に料理への自信をもたせる方法
・一緒に料理すると夫婦円満になり主婦がラクチンになる
の4点で夫婦時間を充実する内容になっています。


スポンサーリンク


夫婦で一緒に料理をする方法

男性は食べるの専門が多いですね。我が夫の担当は食べること。
時間あるときは、一緒に作ることがあります。
夫婦で料理を作るコツとして、メニューを夫が好きなものにします。
特におススメは力がいる料理や達成感のあるもの。

いつも主婦ひとりでやっていることを、夫と分担するんです。
たとえば力仕事。料理でも力使うことありますよね。
女性より男性は力が強いので「わたしではできないわー」「さすがやね」
っと、素直にほめることができるんですよ。

また、好きな食べ物だから夫もやりがいあるみたいで、張り切ってくれます。
無理やりとか強制ではありません。(笑)

こんな感じで夫に声をかけるんです。

「今日は、カレー食べる?」
「食べる!!!」

「ナンは??」
「食べるで!!!」

「じゃあ今日は作ってみよっか」
「ほーーーい」

カレーもナンも大好きだから、一緒に参加。
ごはん一緒に作ると楽しくなります。大切な時間が増えました。
夫婦円満レシピの内容は次になります。

夫婦時間のレシピはカレーとナン

夫婦円満レシピのおすすめは、カレーとナン。
男性に力を借りるには、こねる系がおススメなんです。
カレーにつけるナンを作ってもらいます。
ナンは、パンと違って発酵時間もいりません。けど、生地こねは重労働。

重労働、、、いえ大切な生地こねを任せて、わたしはカレーを作ったりしてます。

ナン ・・・夫
カレー・・・ワタシ
の二人力合わせて作る夫婦ごはんメニュー。

夫はナンを作ってる間
「あかーん、べたつくやん、やりにくい」
から
「だんだんまる~くなってきたでぇ~」
と喜びの声に変わるんです。面白いっ。

ナンもカレーも夫の大好物。
好きなものを自分で作れるっていうのがミソなんです。

ナン作るのはストレス解消にもよかったりするんですよ^^

無印ナン
>>>主婦のストレス発散方法!イライラをナンに5分ぶつけて、スッキリ解消

 

カレーといえば、たまには変わったチキンカレーはいかがですか?

骨付きトマトチキンカレー
>>>【3分クッキング】骨付きチキンカレーのレシピをトマト缶とカレー粉で

 

夫婦料理で、夫に料理をお任せするときの3つのコツ

夫婦時間のレシピなので、夫の協力がないとはじまりません。
我が家では、ナンをお願いするときは、ぜんぶ丸ごと夫にお任せしています。
ほぼ90%は夫がナンを作ってくれるようになりました。

「ナン作ってね、よろしく」
と簡単に言うだけじゃ、夫は動いてくれません。
動かざることやまのごとし…..。(笑)

夫婦時間をおくるためのコツが3つあるんです!

 

夫婦時間のレシピ 夫に料理をお任せするときの3つのコツ

①細かいことはいわない
②シンプルなものにする
③ほめる

 

の3つに気を付けています。
くわしく説明していきますね。

①細かいコトはいわない
・・・夫がやる気をなくしてしまうから。

夫の料理を見ていると
・自分とは違うやり方
・キッチン散らかし放題
・とても要領が悪い

気になってどうしても言ってしまってました。

「自分でやるから、言わんとって。やる気なくすわ」

と言われた時に、
「夫のペースでやり方で料理がしたいんだ!」って気づきました。
危ないことは注意するけど、その他はそっと見守ることにしてます。

②シンプルなものにする
・・・夫は工程がややこしいとやりたがらない

おそろしく時間がかかるんです。
わたしが仕事していた頃、カレーを作ってもらったことがありました。何時間もかかったみたい。わたしも不器用だけど、彼はそれ以上です。(笑)

「もう作らへん」としばらくの間こぼしてました。笑

ただでさえ慣れていない男料理。出来ることからひとつずつ増やしてもらって、自信つけてほしいって思ってます。

③ほめる
・・・いいところをどんどんほめて、自信をつけてあげる

ヨイショするんじゃなくて、イイトコロを見つけてあげる。要領がよくないとか口出ししたくなるけど、じっと我慢。

料理もはじめは誰も上手じゃない。わたしなんかまさにそう。

夫は、だんだん上手になってきたんです。
今はナンの他、焼きそばやお好み焼きは夫担当。

男性って凝り性なところないですか?
テレビとかネットで美味しいコツとか密かにリサーチしたり研究して、レベルアップしていくんです。

「今日の、うまいやろー」
ドヤ顔ですよ!!

ほんとに、美味しんです。

焼きそば麺にツヤだしとか、お好み焼きのキャベツの切り方とか、
変えたりしながら、夫アレンジしてます。

「今日のいつもと違うやん!どしたん?お店味やん」
素直に感想言ってます。

はじめの頃はどれもあまり美味しくなかったけど。でもほめました!!
「キャベツめちゃキレイに切ってるね!豚肉多めってやっぱりいいね」

何かしらほめるところはあるんです!
誰しもほめらると嬉しいもの。褒められて自信になって、また頑張ろうってなる。
もっと美味しいの作りたいとか、違うやり方も試したいとか。料理に前向きになってくれました。

ヨイショはしないけど、よいところは褒めるがコツ!!

そういえば、たこ焼も夫担当です。
>>>たこ焼きアレンジのレシピ 具材、ソースとダシでいつもの3倍楽しむコツ

家で楽しむ夫婦時間は2人で一つのことをして夫婦円満に

ステイホームで、夫婦2人で過ごす時間がどうしても長くなります。上記のことをしているうちに、ナンとカレーを一緒に作ったり、焼きそばやお好み焼きをお任せできるようになりました。

夫婦一緒に料理をすると、会話が自然にうまれるし、いつものごはんがより美味しく感じます。夫婦時間を楽しみつつ、主婦の家事負担が少し減るのは嬉しい限りです。

夫婦時間で二人で料理することによって、

・料理って大変なんや!
・自分が作ったものは食べた人の反応が気になる!

料理を作る気持ちを少し理解してくれたみたいです。

わたしのご飯を「これ全部好きなやつ」とか絶対なんかしらのリアクションがありますし。やっぱり反応あったほうが嬉しいですよね。

作ってる最中も洗い物がたくさんでる事に気付いて手伝ってくれるようにもなりましたよ。食べ終わった後はお皿とか洗い物出るから、やっとく!!だって。

料理を一緒することで、夫婦円満に。
夫も自分の料理をほめられたときは嬉しそうだし、私も夫へレシピの秘訣とか聞いたりして、会話も弾みます。

パートナーも料理ができたほうが絶対いいです。
この先何があるかわからないし。
家事の負担がすこしでも減ったのは喜ばしい限りですけど。

夫婦時間のレシピで、楽しい時間を満喫してくださいねっ。

最近増えた夫レシピは、おにぎり。凝ってます。
>>>朝ごはんは出すだけおにぎりワンプレートに 時間ないなら夜作ろう


スポンサーリンク





記事をよんでくださり、ありがとうございます♪「読んだよ~」の印に下のバナーをぽちっとしていただけると、記事を書く励みになります♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
ライフスタイル
ヒロをフォローする
かおりごと★まったり主婦の自分磨きと日日アロマ【ヒロブロ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました