メレンゲクッキーを失敗しない作り方 失敗例から学んだ5つのこと

メレンゲクッキー挑戦レシピ
この記事は約8分で読めます。

卵白一個でつくるメレンゲクッキー何度も失敗しました。
メレンゲが泡立たないんです。使う砂糖や、材料、温度や時間を写真つきで解説したメレンゲクッキーが失敗しないための簡単レシピです。メレンゲクッキーの失敗例をあげてきづいた5つの注意点を紹介しますね。卵以外に使用したのはセリアの100均お菓子材料になります。
メレンゲクッキーは時間をかけて低温でじっくり乾燥させるクッキーでした。

では、今日もいってみよー♪


スポンサーリンク


メレンゲクッキーの失敗例

メレンゲクッキーは卵白・砂糖というシンプルな材料だけど、実はとってもデリケート!コツがわかるまで失敗を繰り返しました。

メレンゲクッキーの失敗例をあげますね。ミスしたからこそ気づいた点です。

メレンゲクッキー失敗例①カルボナーラであまった卵白で作ったメレンゲクッキー
てんさい糖使用、見た目はおかきです。

メレンゲクッキー失敗例①
>>>カルボナーラの全卵・卵黄・生クリーム使ったレシピと卵白一個お菓子

メレンゲクッキー失敗例②キレイなメレンゲクッキーを作りたいと2回めの挑戦
適当感満載になりましたが、あることに気が付きました!!

メレンゲクッキー失敗例②

>>>【卵白レシピ】お菓子を作ろうとメレンゲクッキーに挑戦→失敗?→学び

記事にはしていませんが、3回目もメレンゲクッキーを失敗しました。
作るときに、分量を考えず適当に抹茶パウダーをいれたんです。かちこち固いクッキーになりましたよ。

メレンゲクッキー作りに3度失敗してからようやく気づいたことがありました。
メレンゲクッキーには、準備や実際に作るときに注意が必要だったんです。
学んだ結果失敗しないメレンゲクッキーどうにか作ることができました。

3度のメレンゲクッキーの失敗で
学んだ
失敗しないメレンゲクッキーの作り方の注意を写真つきで解説しています。


スポンサーリンク


メレンゲクッキーを失敗しないコツ

3度の失敗と思考錯誤の結果、基本の大事なことを発見しました。失敗しないメレンゲクッキーには注意する点がいくつかあるんです。

メレンゲ(卵白)クッキーをキレイに作るには
卵白をしっかり泡立てること
・下準備を丁寧におこなうこと
・グラニュー糖を使うこと
・温度に注意すること

基本は上記4点になります。メレンゲクッキーを失敗しないための細かい点は次の作り方で解説しますね。

卵とセリアのお菓子材料を使用して、可愛いキレイなメレンゲクッキーが作れますよ。
失敗する点など参考にしてみてくださいね。
失敗も大きな経験でした。また私の適当加減を再確認しちゃました^^。

メレンゲクッキー

参考 メレンゲクッキーで大切な温度設定の仕方があります!
>>>オーブンを予熱する意味と時間を知りお菓子やパンを上手に作る方法

メレンゲクッキーのレシピ(卵白一個分)

100均ショップのセリアはお菓子の材料が豊富。
100円だから、ついつい買っちゃえ!になる気持ちを抑えつつそろえました。
卵以外はセリア商品です。セリアってメチャ便利♪
失敗しないメレンゲクッキーをキレイに作るために下準備からはじめますね。

失敗しないメレンゲクッキーを作るのに必要な3つの下準備

メレンゲクッキー(卵白クッキー)を成功させるため、
今回はいろいろと準備しました。

今まで適当だったワタシ。汗。
お菓子は繊細なもの。キッチリ用意しなきゃです♪
注意点を書いていきますね。

①使う材料(ボウルやハンドミキサー)はしっかり水分・油分をとっておく

ボウルなどキレイにふいておくもの

ボウルなどに、水分油分があると、メレンゲが泡立たないの。
なので、キレイな状態であることを確認してから、
さらに乾拭きでしっかりふいておきました。
キッチンペーパーで、フキフキです。

②材料をキッチリはかること。

卵白の重さをはかる

メレンゲクッキーは、卵白と砂糖のみ。
これを同量にするため、デジタルばかりをつかいます。
卵白1個分は33グラムだったので、
グラニュー糖も33gにしました。

③絞り袋の口金を金属の星形にする。キッチリ絞り袋にいれる

金属の星形口金

今までは、プラスチックの口金を適当にいれて使ってました。
これを金属の星形タイプにかえて、しっかりと絞り袋に装着しました。星型ゆがんでるー!ま、いっかー!笑

口金を絞り袋へ装着する

絞り袋の先をチョキンとして、口金の先がでるように装着。

3つの点を改善して、いざメレンゲクッキー作りへ。その前に材料から。

セリアで揃えたお菓子の材料たち

 

今回セリアでそろえたお菓子材料や容器など

セリアで購入したもの

  • グラニュー糖
  • カラフルシュガー(トッピング)
  • シリカゲル(乾燥剤)
  • 容器

メレンゲクッキーを上手にポイントは、“グラニュー糖”。
料理教室で先生に確認した内容につづきます。

メレンゲクッキーの砂糖の量と使う種類について

メレンゲクッキーで大事なポイントのひとつは砂糖。
砂糖の量と種類について、時々通う大阪ガスクッキングスクールの先生へ確認しました。

ヒロ
ヒロ

「メレンゲクッキーを上手に作るには砂糖はどれがいいですか?」

先生の回答
「グラニュー糖です」

ヒロ
ヒロ

「メレンゲクッキー作るには同量位の砂糖が必要ですか?」

先生の回答
「そうですね~、それくらいは必要です。しっかりしたメレンゲつくるには」

なるほどです!!

洋菓子にはグラニュー糖。特にメレンゲには適してるとのことでした。
大阪ガスのお菓子教室では細かいグラニュー糖を使用します。

「スーパーで売っている普通のグラニュー糖でいいですよ~!」

またまたナイス情報。
ただ、スーパーのグラニュー糖は量が多い。

スーパー内にあるセリアで80gのを見つけました。

セリアのグラニュー糖

ふだんはてんさい糖という茶色い砂糖を使ってたんですが、
キレイな白にするには、やはり白いグラニュー糖がいいです。

さ、いよいよリベンジのリベンジ。
今回はカラフルシュガーで、メレンゲクッキーをアレンジしました。

メレンゲクッキーで使う砂糖のポイント
・グラニュー糖を使用すること
・メレンゲと同量の砂糖を使うこと

失敗しないメレンゲクッキーの作り方にすすみます。

メレンゲクッキー成功レシピの材料

  • 卵白1個分(33g)
  • グラニュー糖(33g:卵白と同量)
  • (トッピング カラフルシュガー)

ポイント
お砂糖と卵白は同じ量にする。グラニュー糖がベスト。

上記の量でメレンゲクッキーが30個分はできますよ。容器一個分たっぷりです。

大阪ガスクッキングスクールでは、お菓子や、料理を習えます。
>>>【料理教室】大阪ガスクッキングスクール体験レッスンでプロのコツを学ぶ

失敗しないメレンゲクッキーの作り方は時間をかけてじっくり乾燥させること

いよいよ作り方です。今までも作ったことあるんですが、形が悪かった!
メレンゲの泡立ても今ひとつだったので、しっかり頑張ります。

①オーブンを110度に予熱しておく。

②きれいなボウルを用意して、卵白1個分いれる

キレイなボウルの卵白をいれる

③ハンドミキサーでかるくまぜる
(いきなりグラニュー糖じゃなくて、先にまぜておきます)

ハンドミキサーでかるくまぜた状態

ちょっと泡立ちました。

④グラニュー糖を3回にわけていれて、ハンドミキサーで混ぜていく。
中速~高速でまぜました。

1回目

グラニュー糖をいれる一回目

泡立てると、↓な感じに

一回目のグラニュー糖をいれて泡立てる

2回目、3回目とグラニュー糖わけていれてあわだてる

角のたったメレンゲ

かなりいい感じのメレンゲ状態。

最後に、低速で全体の泡をなじませてます。

メレンゲの角ピーン!・・・OK。
ボウルを傾けても、メレンゲ落ちてこない?・・・OK
しっかり泡立てることができましたよ。

⑤メレンゲを絞り袋へ入れる
大き目のコーヒーカップにあらかじめ絞り袋をいれておくと
メレンゲいれやすいです。

絞り袋をコーヒーカップに広げて入れる

カップにかぶせるように広げていれてます。

⑥オーブントレイにクッキングシートをしいたものへ
メレンゲを絞り出していく。

絞り袋にメレンゲをいれたもの

絞り袋にきっちりつめて

オーブントレイにメレンゲクッキーを絞り出していく

絞り出していく

小さめがいいです。
ちょんちょんちょんと、絞り出していきました。
お、いい感じじゃないかな?

⑦いくつかに、カラフルシュガーをふりかける
(ちょっとお試しに、カラフルなスプレーチョコをふりかけました)

カラフルシュガーをトッピング

やっぱ雑?お試しということで…。

⑧オーブンで45分加熱する
途中のぞいてみたら、いい感じです。

オーブンの中身

⑨加熱終わったら、オーブンの中でしばらく冷ます
(オーブンの熱がさめるまで、そのまま放置です)

 

⑩メレンゲクッキー完成です♪

メレンゲクッキーの完成

失敗しないメレンゲクッキーのできあがり

ポイント
メレンゲクッキーは低温で焼いて時間をかけて乾燥させるクッキー
焼き終わったあとも、そのまま熱がさめるまでオーブン内に

 

よく見るとちょこっとブラウン色(うっすら焦げ目)ついてます。
途中みてたんですが、最後の5分見てなかったの。がっくり。
形はキレイだからいちおう成功ということで。

まず出来立てのメレンゲクッキーをパクっと。
フワフワシュワっと口の中で溶けていきます。

入れ物には乾燥剤(シリカゲル)を入れておくべしです。

参考 焼き色加減や焼き時間はオーブンによって特徴があります
>>>オーブンを予熱する意味と時間を知りお菓子やパンを上手に作る方法


スポンサーリンク


メレンゲクッキーを失敗しないための5つのポイント

お菓子作りは料理の中でも、ちゃんとしなくちゃいけないもの。
デリケートなものなんですね。
適当人間のワタシですが4度目で成功したのは、以下の5つのことに注意したからです。

メレンゲクッキーを失敗しないために必要な5つのこと

①使うボウルや容器は水分、油分がないようにキレイにふいておく
②材料はきっちりとはかる
③絞り袋の口金は金属のものにしてしっかりつける
④焼き上がりのラスト10分から5分の間は焼き色確認する
⑤グラニュー糖を使って、3回にわけていれる

 

 

ヒロ
ヒロ

④の焼き色確認は、ちょっと今回守れなかったんですが。汗。
メレンゲクッキーへの挑戦はなんとか?達成です♪

今回はグラニュー糖を使ってみて思ったことは
泡立てやすい!!
混ざりやすい!!

ぜんぜん違ったんです。甜菜糖でメレンゲクッキーを作ったのと。

でも、
味はてんさい糖のメレンゲクッキーが好き!!
とわかりました。(比べてみたからこそわかる)

てんさい糖は、甘さがまろやか。
グラニュー糖は、がつんと甘い。
砂糖によるメレンゲクッキーの味の違いがあるんです。

また甜菜糖で作ってみよかな???
あくなき探求心を抱えつつ。
メレンゲの気持ちになって、作らなくちゃね

卵白だけ使うのもったいないときは、卵黄だけレシピもありますよ。
>>>【卵黄おかず】卵の醤油漬けは一晩調味料につけるだけの簡単レシピ

たらお
たらお

では、またー♪


スポンサーリンク





記事をよんでくださり、ありがとうございます♪「読んだよ~」の印に下のバナーをぽちっとしていただけると、記事を書く励みになります♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました